X-E3,  XF14mm

【新緑の京都】あだし野念仏寺

生と死の狭間にあるような不思議な寺「あだし野念仏寺」。2度目の来訪。前回同様なんとも言えない静寂な空気が漂っていました。観光客が多いのに…。楽しみにしていた「竹林の小径」は工事中で閉鎖。とても残念。なので「西院の河原」だけ参拝。

この「あだし野念仏寺」が建立されたのは千二百年前。当時、野ざらしになっていた遺骨を空海弘法大師が開創して埋葬したお寺…なんだそうです。しかしあれですね、空海が開創したお寺というのは、どこもお堂とお堂の位置関係が理路整然としているというか… そんな印象を受けます。「あだし野念仏寺」も然り。

「あだしの」は「化野」と記す。「あだし」とははかない、むなしいとの意で、又「化」の字は「生」が化して「死」となり、この世に再び生まれ化る事や、極楽浄土に往来する願いなどを意図している。

あだし野念仏寺HPより

【新緑の京都】あだし野念仏寺
FUJIFILM X-E3 XF14mmF2.8 R Velvia ƒ/11.0 1/140 ISO400
【新緑の京都】あだし野念仏寺
FUJIFILM X-E3 XF14mmF2.8 R Velvia ƒ/11.0 1/240 ISO400
【新緑の京都】あだし野念仏寺
FUJIFILM X-E3 XF14mmF2.8 R Velvia ƒ/11.0 1/170 ISO400
【新緑の京都】あだし野念仏寺
FUJIFILM X-E3 XF14mmF2.8 R Velvia ƒ/2.8 1/3000 ISO400
【新緑の京都】あだし野念仏寺
FUJIFILM X-E3 XF14mmF2.8 R Velvia ƒ/11.0 1/200 ISO400
【新緑の京都】あだし野念仏寺
FUJIFILM X-E3 XF14mmF2.8 R Velvia ƒ/11.0 1/210 ISO400
【新緑の京都】あだし野念仏寺
FUJIFILM X-E3 XF14mmF2.8 R Velvia ƒ/11.0 1/50 ISO200

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。